健康★どっとCome ! !

健康★どっとCome ! !
健康こそがすべて。健康に関するあらゆる事柄をチョイスいたします。まさに「健康どっとカム!」
ウイルス・伝染病

性行為感染症、感染しても成功ですか・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。
今日は直接健康とは関係ないかもしれませんが・・・。
最近若者たちの「性」に対する感覚が、私たちの年代と非常に違いすぎるのを実感しています。
人それぞれ、個人の自由・・・、と言えばそれまでですが、性の氾濫による影響がだんだん低年齢化しているそうで、「うちは大丈夫だろうか?」と心配になってしまいます。

 なんといってもやはり一番怖いのは「性行為感染症」「性病」
うつされてしまう事です。巷ではファッションマッサージやイメクラ、
キャバレー、ホテトルなどの「お手軽セックス」が簡単で安価に出来る
ようになりました。またほんの遊び感覚でのセックスが増えました。
しかしそれが性行為感染症性病の蔓延に拍車をかけています。
その代表的なものは、

 淋病・・・外尿道口が赤く腫れ膿が出ます。
        排尿時に痛みを感じるために非常に辛く、昔はこよりを使って
        排尿したと聞いたことがあります。

 性器クラミジア感染症・・・性行為感染症、性病の中で
        現在一番多いのがこの「性器クラミジア感染症」です。
        保菌者自体に無症状の者が多いため、知らないうちに
        菌をばらまきます。男性で「尿道炎」「副睾丸炎」
        
女性で「子宮頚管炎」などを発症します。また女性の場合は
        腹膜炎流産不妊症の原因にもなります。
        オーラルセックスの流行で、クラミジア咽頭感染も流行
        しているそうです。
 性器ヘルペス・・・ヘルペスウィルスによって感染します。
        体調の悪い時や生理時にウィルスが活性化されて、
        皮膚や粘膜に出現し発病します。また往々にして再発を
        繰り返す場合もあり完治は難しくなります。
        痛みや排尿困難、歩行障害が出現します。
 性器カンジタ症・・・抗生物質などの投与が原因で女性膣内の
        自浄作用が低下し、カンジタ菌というカビの一種により
        発病をします。症状は痛痒い感覚があります。
 その他にも有名どころの「エイズ」「梅毒」「トリコモナス」
  「いんきんたむし」
などたくさんあり、現在細菌やウイルスなどが原因で
   80種類以上の病気があるといわれています。
   また完全ではないですが、コンドームの装着は有効な手段となります。

いずれにしても安易なセックスは自分のためにも、
愛する人のためにも止めて欲しいです。
セックスは本当に愛する人として欲しいです。

もし自分の娘の結婚相手がそんな病気の保菌者で、
子供が生めなくなったり奇形の原因となったり
だったらと思うと
寒気がいたします。特に若い人達には、
「自分のために、もっと自分を大切にして欲しい」と言いたいです。

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 


ノロウイルス、 この恐怖の体験・・・!5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

前に私が風邪をひいていて、体調が良くないという話をいたしました。
そして私の回りではやっている不可解な風邪・・・、実はこの正体が
「ノロウイルス」による胃腸炎ということからお話しをいたしました。
しかし自分自身は、その厄介な「ノロウイルス」ではなかったです・・・、
と安心していましたら、ついにかかってしまいました。
  恐怖の「ノロウィルス」に・・・。

ことの発端は何もありません。何の前触れもなく突然まいりました。
しいていえば、夕食に飲んだビールの味があまり美味しくなく、
半分くらい残してしまったことぐらいです。
その日は本当に久しぶりに早めにベッドに入りました。
といっても夜中の12時くらいですが・・・。
そしてウトウトし始めたら何かおかしい。何故か気持ちが悪くなってきました。
しかし飲みすぎたわけでも、ましてや食中毒の原因となるようなものは
一切口にしていませんでしたから、「心当たりなし」と気にせず
横になっていました。ところがそれからしばらくして急に吐き気をもようし、
大急ぎでトイレに駆け込みました。
それからは前に自分が書いたとおりの状況で、トイレから戻るとすぐ
トイレに逆戻りという状態でした。  とにかくびっくりしたのは、

 吐気と便意が治まらず、トイレから離れられません。
  
嘔吐している最中に便意がくる、またその逆もくると、
  そのうちベッドに帰るのが嫌になりました。

 嘔吐物も最初は晩御飯そのものだったのが、
  次からは血が出るようになりました。血が出るといっても
  混ざるだなんて生易しいものではなく、全部血です。
  それも粘液性のある血を何度も何度も吐きました。
 下痢も酷いです。
  まさに水としかいえないようなものを何度でも何度でも・・・です。
  さすがに脱水症状になってはいけないと、
  温めのお湯を飲むのですが、飲んだとたんに出てしまいます。

こんな状態が朝まで続き、やっとの思いで医者へ行き、
大きな点滴注射をうってもらい現状なんとか持っています。
ですが相変わらず気持ちが悪く下痢をしています。医者にいわせると、
血が出たら良くないらしいので、皆様も症状が出たらすぐに、
緊急外来で医者に行かれることをお勧めいたします。
私の場合は腹痛はさほどなかったですが、熱もないのに悪寒が治まらず、
室温を30℃に設定していました。

忘年会シーズンだというのに何の因果か・・・。
早く治って欲しいと願うばかりです。

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 ブログトップページに戻ります 


ノロウイルス、 この恐怖の体験・・・!5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

前に私が風邪をひいていて、体調が良くないという話をいたしました。
そして私の回りではやっている不可解な風邪・・・、実はこの正体が
「ノロウイルス」による胃腸炎ということからお話しをいたしました。
しかし自分自身は、その厄介な「ノロウイルス」ではなかったです・・・、
と安心していましたら、ついにかかってしまいました。
  恐怖の「ノロウィルス」に・・・。

ことの発端は何もありません。何の前触れもなく突然まいりました。
しいていえば、夕食に飲んだビールの味があまり美味しくなく、
半分くらい残してしまったことぐらいです。
その日は本当に久しぶりに早めにベッドに入りました。
といっても夜中の12時くらいですが・・・。
そしてウトウトし始めたら何かおかしい。何故か気持ちが悪くなってきました。
しかし飲みすぎたわけでも、ましてや食中毒の原因となるようなものは
一切口にしていませんでしたから、「心当たりなし」と気にせず
横になっていました。ところがそれからしばらくして急に吐き気をもようし、
大急ぎでトイレに駆け込みました。
それからは前に自分が書いたとおりの状況で、トイレから戻るとすぐ
トイレに逆戻りという状態でした。  とにかくびっくりしたのは、

 吐気と便意が治まらず、トイレから離れられません。
  
嘔吐している最中に便意がくる、またその逆もくると、
  そのうちベッドに帰るのが嫌になりました。

 嘔吐物も最初は晩御飯そのものだったのが、
  次からは血が出るようになりました。血が出るといっても
  混ざるだなんて生易しいものではなく、全部血です。
  それも粘液性のある血を何度も何度も吐きました。
 下痢も酷いです。
  まさに水としかいえないようなものを何度でも何度でも・・・です。
  さすがに脱水症状になってはいけないと、
  温めのお湯を飲むのですが、飲んだとたんに出てしまいます。

こんな状態が朝まで続き、やっとの思いで医者へ行き、
大きな点滴注射をうってもらい現状なんとか持っています。
ですが相変わらず気持ちが悪く下痢をしています。医者にいわせると、
血が出たら良くないらしいので、皆様も症状が出たらすぐに、
緊急外来で医者に行かれることをお勧めいたします。
私の場合は腹痛はさほどなかったですが、熱もないのに悪寒が治まらず、
室温を30℃に設定していました。

忘年会シーズンだというのに何の因果か・・・。
早く治って欲しいと願うばかりです。

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 ブログトップページに戻ります 


マイコプラズマは規則正しく・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

私は決まった時期に風邪をひきます。たいてい毎年11月の下旬からひくのですが、大抵医者の薬が無くなる頃にはすっかり治っています。
しかし、今年は違う、何かが違う。それは咳がいつまでたっても治まらないことです。前回風邪の話をしましたが、相変わらず「コンコン、コンコン」と咳をしています。
その中で、もしかしたら「マイコプラズマ」では・・・と言っていましたが、
「マイコプラズマ」って何者・・・?

「マイコプラズマ」は、正式には「マイコプラズマ肺炎」というれっきとした細菌性肺炎なのです。
細菌といっても実際には細菌とウイルスの中間のような微生物が
呼吸器に感染して発病します。その主な特徴は、

 とにかく頑固な咳がいつまでも続きます。
 発症は学童期や若年の成人に多く、乳幼児やお年寄りは少ないです。
 以前は4年に一度、オリンピックの年に流行いたしました。
  私がかかった時も丁度オリンピック開催年で、私が25、6の時でした。
  あまりに咳が止まらないため医者に相談したら、
  「今年はオリンピックがあったから、マイコプラズマかもしれんなぁ」と
  医者が言った一言が今でも忘れられません。

この「マイコプラズマ肺炎」は通常の呼吸器感染症で頻繁に使われる
ペニシリン系、セフェム系の抗生物質が効きません。
治療薬としては、テトラサイクリンとかマクロライドが良く効くと
いわれています。私がかかったときは水薬にして、咳が出るたびに
一口、二口と飲んべぇみたいに飲んでいました。
その結果しばらくしたら面白いほど「ピタッ」と咳が止まりました。


肺炎にはこの他にも、インフルエンザウイルス等による「ウイルス性肺炎」、
特にこのインフルエンザウイルスと麻疹ウイルスによる肺炎は、
直接効く抗ウイルス薬が無いので要注意だそうです。
その他にも感染・発病した鳥の排泄物から空気感染する「オウム病」とも
呼ばれる肺炎があります。

いずれも症状が風邪に似ているので、「あぁ、風邪ひいた」ではなく、
あまりにしつこい咳が続くようなら医者で検査をしてもらったほうが
いいかもしれません。
ちなみに「マイコプラズマ肺炎」は4年に1回大流行・・・、という周期が
今は幾分ずれてきているそうですので、今年の咳がもしかして・・・、 です。



 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」  

 
ブログトップページに戻ります 


マイコプラズマは規則正しく・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

私は決まった時期に風邪をひきます。たいてい毎年11月の下旬からひくのですが、大抵医者の薬が無くなる頃にはすっかり治っています。
しかし、今年は違う、何かが違う。それは咳がいつまでたっても治まらないことです。前回風邪の話をしましたが、相変わらず「コンコン、コンコン」と咳をしています。
その中で、もしかしたら「マイコプラズマ」では・・・と言っていましたが、
「マイコプラズマ」って何者・・・?

「マイコプラズマ」は、正式には「マイコプラズマ肺炎」というれっきとした細菌性肺炎なのです。
細菌といっても実際には細菌とウイルスの中間のような微生物が
呼吸器に感染して発病します。その主な特徴は、

 とにかく頑固な咳がいつまでも続きます。
 発症は学童期や若年の成人に多く、乳幼児やお年寄りは少ないです。
 以前は4年に一度、オリンピックの年に流行いたしました。
  私がかかった時も丁度オリンピック開催年で、私が25、6の時でした。
  あまりに咳が止まらないため医者に相談したら、
  「今年はオリンピックがあったから、マイコプラズマかもしれんなぁ」と
  医者が言った一言が今でも忘れられません。

この「マイコプラズマ肺炎」は通常の呼吸器感染症で頻繁に使われる
ペニシリン系、セフェム系の抗生物質が効きません。
治療薬としては、テトラサイクリンとかマクロライドが良く効くと
いわれています。私がかかったときは水薬にして、咳が出るたびに
一口、二口と飲んべぇみたいに飲んでいました。
その結果しばらくしたら面白いほど「ピタッ」と咳が止まりました。


肺炎にはこの他にも、インフルエンザウイルス等による「ウイルス性肺炎」、
特にこのインフルエンザウイルスと麻疹ウイルスによる肺炎は、
直接効く抗ウイルス薬が無いので要注意だそうです。
その他にも感染・発病した鳥の排泄物から空気感染する「オウム病」とも
呼ばれる肺炎があります。

いずれも症状が風邪に似ているので、「あぁ、風邪ひいた」ではなく、
あまりにしつこい咳が続くようなら医者で検査をしてもらったほうが
いいかもしれません。
ちなみに「マイコプラズマ肺炎」は4年に1回大流行・・・、という周期が
今は幾分ずれてきているそうですので、今年の咳がもしかして・・・、 です。



 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」  

 
ブログトップページに戻ります 


ノロウイルスでのろのろ歩き・・・5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

私は毎年11月の下旬から必ずと言っていいほど風邪をひきます。
今年もひいてしまいました。ところがどうも今年の風邪はなんだかいつもと違っておかしい。私はいつもみたいに「熱」「鼻水」「咳」という順番で、その過程で多少の下痢もありました。
しかし、まわりの状況がやっぱりおかしい。
「今年の風邪は胃腸風邪なんだって」という会話が
四六時中聞こえるくらいにはやっている様子。
どんなことがあっても休まないと言われた上司までがダウン・・・。
どうも正体は風邪ではなく「ノロウイルス」による胃腸炎らしい。

 もともと「ノロウイルス」自体はありふれたウイルスで、最初の発見は1968年アメリカの小学校でした。ここの地名が「ノーウォーク」というので当初は「ノーウォークウイルス」と名づけられていましたが、2002年の国際ウイルス学会において「ノロウイルス(属)」という名称で呼ばれることとなりました。

「ノロウイルス」を含む食品などを摂取して1〜2日の潜伏期間を経て、急性胃腸炎の症状が現れます。その症状は多くの場合、「嘔吐」「下痢」「腹痛」で、特に吐き気は便器のそばから離れられないくらい激しいこともあります。また発熱を伴ない、風邪様の症状が出ることもあるため、風邪と間違えられやすいそうですが、発症後は1〜2日で回復し、後遺症もないということです。

問題なのはこの「ノロウイルス」が伝染性胃腸炎であることです。
ほんのわずかな便や嘔吐物の乾燥した中に含まれるノロウイルスが、
空気感染でうつこともあるそうです。そして発病しなくてもキャリアとして
感染源になる場合があるので、十分なうがいと手洗いはもちろん、
食品を扱う時にはよりいっそうの注意が必要になりそうです。

お陰様で私の風邪で「ノロウィルス」とは関係なかったみたいですが、
咳が全然止まりません。もう半月近く「コンコン、コンコン」と咳をしています。
最近は「もしかして、以前かかった『マイコプラズマ肺炎』ではないか?」と、
少々疑っております。


 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります  


ノロウイルスでのろのろ歩き・・・5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

私は毎年11月の下旬から必ずと言っていいほど風邪をひきます。
今年もひいてしまいました。ところがどうも今年の風邪はなんだかいつもと違っておかしい。私はいつもみたいに「熱」「鼻水」「咳」という順番で、その過程で多少の下痢もありました。
しかし、まわりの状況がやっぱりおかしい。
「今年の風邪は胃腸風邪なんだって」という会話が
四六時中聞こえるくらいにはやっている様子。
どんなことがあっても休まないと言われた上司までがダウン・・・。
どうも正体は風邪ではなく「ノロウイルス」による胃腸炎らしい。

 もともと「ノロウイルス」自体はありふれたウイルスで、最初の発見は1968年アメリカの小学校でした。ここの地名が「ノーウォーク」というので当初は「ノーウォークウイルス」と名づけられていましたが、2002年の国際ウイルス学会において「ノロウイルス(属)」という名称で呼ばれることとなりました。

「ノロウイルス」を含む食品などを摂取して1〜2日の潜伏期間を経て、急性胃腸炎の症状が現れます。その症状は多くの場合、「嘔吐」「下痢」「腹痛」で、特に吐き気は便器のそばから離れられないくらい激しいこともあります。また発熱を伴ない、風邪様の症状が出ることもあるため、風邪と間違えられやすいそうですが、発症後は1〜2日で回復し、後遺症もないということです。

問題なのはこの「ノロウイルス」が伝染性胃腸炎であることです。
ほんのわずかな便や嘔吐物の乾燥した中に含まれるノロウイルスが、
空気感染でうつこともあるそうです。そして発病しなくてもキャリアとして
感染源になる場合があるので、十分なうがいと手洗いはもちろん、
食品を扱う時にはよりいっそうの注意が必要になりそうです。

お陰様で私の風邪で「ノロウィルス」とは関係なかったみたいですが、
咳が全然止まりません。もう半月近く「コンコン、コンコン」と咳をしています。
最近は「もしかして、以前かかった『マイコプラズマ肺炎』ではないか?」と、
少々疑っております。


 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります