健康★どっとCome ! !

健康★どっとCome ! !
健康こそがすべて。健康に関するあらゆる事柄をチョイスいたします。まさに「健康どっとカム!」
睡眠

睡眠は蜜の味・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

私は仕事がめっぽう忙しく、毎日3〜4時間しか眠れません。
休日もほとんど出勤で、俗に言う「中間管理職」の悲哀を
全身から放出しております 超多忙時には休日を含めた
一週間の平均睡眠時間が3時間をきります。 
はっきり言って人間の生活ではない・・・、と思っています。
ですから毎日昼食後からの2、3時間は、
睡魔との過酷な戦いの時間です・・・

 昼寝をしていると、それも仕事中にウトウトしていると
間違いなくヒンシュクものですね 
ところが、人間はもともと昼寝をする動物だそうです。
だいたいいつもの寝る時間から約15時間経った頃、
眠たくなるように「生態リズム」に刻まれていると言います。
朝型の人で午後1〜2時、夜型の人で午後3〜4時くらいに
もっとも眠たくなりやすいそうです。ですから誰でも午後から
眠たくなるのは当たり前・・・、らしいですが 

とは言っても、やはり私の回りの人たちが眠たそうにしている姿を
見たことはありません
強い眠気が続く場合は「睡眠時無呼吸症候群」の可能性もあるらしいです。
でも私の場合は単なる寝不足だと思うのですが・・・。
朝目を覚ます前の一瞬とろけるような感覚は、
何よりも捨てがたい気がしています。 夢よ、もう一度・・・

とろける眠りをどうぞ・・・

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 


 


睡眠上手は・・・5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

人間も含め、生き物はすべて睡眠をいたします
しかし、現代の人間ほど睡眠が不足している動物はいないでしょう
ナポレオンは3時間の睡眠であったと伝えられていますが、
実際どうだったかは知るすべはありません。

 布団に入ってもなかなか寝付けず結局寝不足・・・、というのは
良く聞く話ですが、十分な睡眠を確保するために大切なのは、
どのように「入眠」するかという自律神経の状態にあるそうです
一番良いのは副交感神経が優位なときが入眠しやすい状態だそうで、
具体的にはというと、入浴後のドキドキが収まってきた頃から
副交感神経が優位となり入眠しやすい状態になるそうです 

そういえば湯舟に浸かったまま寝てしまい、鼻からお湯を吸って
目が覚めた経験がありました

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります