健康★どっとCome ! !

健康★どっとCome ! !
健康こそがすべて。健康に関するあらゆる事柄をチョイスいたします。まさに「健康どっとカム!」
生活習慣病/糖尿病・肥満・高血圧・がん・肝臓病

尿酸はビールと仲良し・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

今年も速いものでもうすぐ一年が終わろうとしています。
一年の始まりは新年会、終わりはもちろん忘年会なのですが、
私は人間ドックで以前「尿酸値」が高いために、
「ビールを飲むのを止めなさい」・・・と言われたことがあります。

 そもそもビールの原料である麦芽と酵母には、「尿酸」のもとになる
「プリン体」が多く含まれています。
そのプリン体というのはDNAの主成分で大切なものなのです。

ところがこの「プリン体」の過剰摂取により「尿酸」が体内に溜まると
「痛風」の原因になります。
それならビールを止めて日本酒にすればいいか・・・と思いきや、
日本酒にも含まれています。

というよりも基本的に体内でアルコールを分解する過程で
「尿酸」の生成を高めたり、「尿酸」の排泄を妨げたりするそうです。
つまり、プリン体含有量がもし仮に少ないとしたところで、
アルコール自体がご法度ということになりそうです。

それでも私はビールを飲んでいます。
一時期「○○○グリーンラベル」とか、発泡酒でプリン体含有量
抑えたものを飲んでいましたが、やはりビールはビール・・・。
無理して発泡酒を飲むくらいなら本当に飲むのを止めたほうが良い・・・
と思い、今はビールです。
今年の忘年会も飲むぞ〜!

  「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 


食育は食欲の基となるかどうか・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

最近、会社帰りや夜遅くにコンビニで弁当やカップラーメンを食べている
子供をよく見かけます。そのせいかどうかは分かりませんが、最近
「食育」という言葉を良く聞くようになりました。

そもそも「食育」とは、現代社会が抱える食の問題を解決しようとして
考えられたみたいです。それは、

 肥満や糖尿病が若い世代にも及ぶようになり、従来の「成人病」
  「生活習慣病」と言い替えなければならないようにまでなったこと。
 24時間好きな時に好きなものを食べれるようになったため、
  家族で食事する機会が減少し個食や孤食が増えたこと。
 BSEをはじめとする食品の安全問題が大きくなってきたこと。
 食生活が豊かになっている中で、40%という低い自給率を
  向上させるとともに、国民自身が「食」について考え、判断する力を
  つける必要があること。
などだそうです。

そして食育に関して、平成17年6月10日「食育基本法」が出来ました。
また毎年6月は「食育月間」毎月19日「食育の日」として、各地で
催物が行われているそうです。ちなみに「食育月間」のスローガンは、
『みんなで 毎日 朝ごはん』 ・・・でした。

うちの息子は高校3年生ですが、やはり学校のクラブ活動の帰りに、
よくコンビニで食べていたそうです。まぁこれは単に晩御飯まで
もたないということらしく、
単に私に似て大喰らい・・・、というのが原因みたいです。

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」

 
ブログトップページに戻ります 


糖尿病は忍び足〜?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

相変わらず私は「糖尿病予備軍」に入っております。
定期的に「糖負荷試験(GTT)」を受けていますが、だんだん
空腹時血糖が上がってきている気がいたします

 そもそも「糖尿病」とは、食事の摂取などにより上昇した血糖値(血液中に含まれるブドウ糖濃度)を下げる役目をする「インスリン」というホルモンが、
うまく分泌されなかったり働きが鈍くなったりして血糖値を一定に保つことができなくなり、高血糖の状態になってしまうことです。

「糖尿病」には2種類あります。
1つは、何らかの原因でインスリンを作る細胞が破壊されたために体内のインスリン量が絶対的に不足してしまう「儀薪尿病」息子の友人もこの儀燭如⊆分でインスリン注射をうっています。
2つめは糖尿病の95%以上を占める「況薪尿病」です。大抵の方が知ってみえるように、その原因は加齢や生活習慣の乱れ、肥満などです。

 糖尿病の検査は空腹時と食後の血糖値で調べます。これが糖負荷試験で、食事の代わりにブドウ糖液を飲みます。そしてその結果により判断されますが、その判断基準は、
 空腹時血糖が126mg/dl以上
 75gのブドウ糖を摂取した2時間後の血糖値が200mg/dl以上、
 随時血糖値が200ml/dl以上
 といういずれかに当てはまる場合をいいます。

 私はまだそこまでいってはいないのですが、正常型の基準である
 110mg/dl未満、 140mg/dl未満を超えてしまっています。
特に は前の検査では100mgを切っていたはずでした。
こんな私のようなタイプを「糖尿病予備軍」といい、少しずつまるで
忍足のように「糖尿病」に進んでいくそうです。

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 


メタボリックシンドローム?・・・ めちゃボリューム信じられーる?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

最近は本当に健康ブームで、健康に対する見方や考え方が一昔前とはずいぶん違うように思います。○○○症候群・・・という名前も定着し、少しも違和感を感じさせません。

 「メタボリックシンドローム」とは
“メタボリック=代謝” “シンドローム=症候群”
という意味です。
内臓に脂肪が蓄積されると高血圧や高脂血症などの生活習慣病の原因となり、将来的に「動脈硬化」を引き起こす危険因子となります。問題なのは、それぞれの症状が軽度でも、併発すると糖尿病・心筋梗塞・脳卒中などの重大な病気を引き起こすということです。

「メタボリックシンドローム」とは、このような内臓脂肪型肥満でありながら、かつ動脈硬化の危険因子を併発している状態をいいます。
そしてその基準は、おへそ周りのウェストが男性85センチ以上、女性90センチ以上あって、かつ高血圧・高血糖・高脂血症のうち2つ以上該当する場合とされています。具体的には、
中性脂肪が150mg/dl、またはHDLコレステロール値が40mg/dl未満、
最高血圧130mmHg以上または最低血圧85mmHg以上、
空腹時血糖が110mg/dl以上、のうち2つ以上に該当したらということらしいです。

私はウェストはもちろんオーバー、あとの項目も今はとりあえず該当はしていないですが予備軍になっています。
ちなみに平成16年調査では、有病者約940万人、予備軍約1020万人と推定されています。
 

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 


体脂肪は、痛い脂肪・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

私は若い頃からもともと細い方でした。
というよりあばら骨が見えるくらい痩せっぽちでした。
それが今では、良く言えば貫禄が付いた、悪く言えば単なる中年太りという有様です・・・。

 「体脂肪」というのは、体についている脂肪の総称で、
それ自体はエネルギー源・衝撃からのクッション・保温機能など、
生きていくために必要不可欠なものです。
  ところが、これが過剰に蓄積されますといわゆる「肥満」となります。
肥満の最大の原因となるのが「中性脂肪」で、この中性脂肪がどこについているかによって肥満は2つのタイプに分かれます。
  1つはお腹や二の腕など皮膚の下につく「皮下脂肪型肥満」といわれるもので、主に下半身につくために「洋ナシ型肥満とも呼ばれます。
  2つめは内臓の周りにつく「内臓脂肪型肥満」といわれるもので、
主にウエスト周りににつくために「リンゴ型肥満」とも呼ばれます。
  問題なのはこの内臓脂肪型肥満で、見た目にはわかりにくい「かくれ肥満」になりやすく、皮下脂肪型肥満に比べて健康を害する危険度が高く、注意が必要だそうです。

  私の場合は迷うことなく「内臓脂肪型肥満」です・・・。
そしてこの内臓脂肪肥満型は、
     今巷で噂の「メタボリックシンドローム」の原因になります・・・。
私もこのまま放っておくと痛い目に合いそうデス。

 

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 


 


生活習慣病の予防は、運動習慣症で・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

ここ数年健康に対する意識の高まりから、スポーツジムへの需要がとても高まっています。私の会社でもスポーツジムと提携して、運動を安く手軽に出来るように配慮しています。ただ実際には会費が必要だったり、仕事が忙しくてジムへ行く時間がなかったりと、うまくはいっていないみたいです。

運動が体に与える好影響はいろいろありますが、その主なものは、
体内脂肪の燃焼による肥満の予防・解消、
呼吸数や心拍数のアップによる循環器・呼吸器系の機能向上、
筋肉や毛細血管の発達による肥満予防、疲労原因である尿酸や
  二酸化炭素の除去、
筋肉運動による血糖値の低下や血圧の低下、
善玉コレステロール量の増加と血管内へのコレステロール付着防止、
骨の形成を促し、骨粗鬆症を予防
自律神経を調整し、ホルモン分泌を正常化する
など、たくさんあります。

とはいうものの肝心なのは長く続けることですから、
 ◆体を動かし気分転換をして心もリラックスさせる
 ◆体に負担の掛からないウォーキングなどで有酸素運動をする
 ◆1回15分程度の運動を週2〜3回で効果あり
 ◆手軽にできるヨガやピラティスダンベルなどの室内運動もOK

生活習慣病の予防のためには、やはり継続して運動をしていくことが大切ですが、「運動しなくては症候群」なんていう強迫観念にとらわれないように、気楽に取り組みたいものデス

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 


食欲の秋は、ショック・欲・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

今年は異常気象なのかいつまでたっても涼しくなりません。 それでも体は敏感で、一足速い秋を迎えています。それは・・・「食欲の秋」です。私は一度お腹が空きますと食欲にまかせてついつい暴飲暴食になってしまうのですが、これこそ「生活習慣病」の原因となってしまうそうです。本当に食べることは健康管理の基本なのですねぇ。

 日常の食生活で気をつけることはいくつかあります。
「塩分の摂りすぎ注意」・・・摂りすぎは「高血圧・脳卒中・心臓病」
  引き起こしやすくします。
「甘いものの摂りすぎ注意」・・・摂りすぎは「糖尿病や肥満」を介しての
  生活習慣病への影響が考えられます。
「動物性脂肪より植物性脂肪を摂る」・・・動物性脂肪は飽和脂肪酸が
  多いため「動脈硬化」を促進する作用があります。
「食物繊維を摂る」・・・便秘のほか、「大腸がん・虚血性心疾患」などの
  生活習慣病の予防に役立ちます。
「野菜をしっかり摂る」・・・野菜のビタミン、ミネラルが高血圧や高脂血症を
  改善し、「脳卒中・心筋梗塞・消化器系のがん」の発生を抑えます。
「カルシュウムを摂る」・・・カルシュウムが不足すると「骨粗鬆症」などの
  原因になります。そしてこのカルシュウムは「日光浴」をすると体内生成
  されるそうです

今でも私は丼飯をひたすらかき込みますが、本当に気をつけていないと
食欲・・・?とんでもない 
ショック・欲・・・になってしまいそうです。

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

  
ブログトップページに戻ります  


糖、糖、血糖値が危険・・・5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

今日は健康診断の結果が良くないために、再検査に行って来ました。もともと血糖値が高めだったのですが、先回の健康診断の結果によると急に上がっていたため、「要検査」のレッテルを貼られていました。

「糖負荷試験(GTT)」というもので、空腹時血糖を計ってから糖分を摂取し(甘い液体を飲みます)、30分後、1時間後・・・、という具合に「尿糖」と「血糖値」を調べていきます。

私の場合は空腹時血糖は97と100を切っていてどうってことない数値なのですが、糖分を摂ると一気に上昇し、その後なかなか下降しないという状態です。俗に言う「境界型」らしいのですが、今回はどうでしょう?・・・

来週の検査結果がとても心配です・・・!

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 ブログトップページに戻ります 


 


糖尿病 正規軍・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

今日、先日会社でやりました健康診断の結果表が返ってまいりました。
・・・ 非常にまずい もともと私は尿糖が出ておりまして、
過去に何度も「糖負荷試験」を受けてまいりました。
そしていずれもギリギリの「境界型」だと言われ、食事指導や生活指導を
受けていましたが、ここへきて数値が上がったみたいです。

20歳時の体重から10堊えたら、それだけで糖尿病になると言われていましたが、私は20歳の時57圓梁僚鼎、今は76圓砲發覆辰討い泙后
中年太りもあるのかなぁ・・・。

 よく言われることですが、「糖尿病」にかかりやすい生活習慣として、
 ・太っている。 あまり運動をしない
 ・食事を食べ過ぎる。 夕食が遅く、寝る前にたくさん食べる
 ・ゆっくり休めない。 ストレスが溜まっている
 ・お酒を毎日飲む
 ・血縁者に糖尿病患者がいる
などですが、この「糖尿病」、一度かかると二度と治りません。
そして、以前私が入院していた時に隣にいた方が、糖尿病の合併症を患ってみえて、「目が見えない」 「腎症による人工透析」という状態でした。
そして次は指を切らなくてはいけない、と言われていました 

なんて怖い病気なんだ、僕は健康に気をつけて絶対に
「糖尿病」なんかにならないぞ、と心に誓ってみたものの、
あれから20数年後は私は惨めな有様です
そして私が退院してしばらくのち、その方は亡くなられました・・・。

「血糖値」が気になる・・・
こんなのどう ?

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 


禁煙は何のため・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

喫煙者にとって最近の情勢は、「分煙」「値上げ」「歩きタバコ禁止区域」など、
大変窮屈な状況となっています。
ただこの禁煙に対し、喉頭癌や肺癌などタバコが直接接触する部位の癌の危険性については、かなり高いらしいのですが、その他にも膵臓癌・膀胱癌・子宮癌などタバコが直接接触しないと思われる部位の癌の危険性も高くなるという、とても恐ろしい報告がされています。

 マンション分譲の日本綜合地所は、「禁煙促進キャンペーン」を実施し、禁煙を宣言した社員に支援金10万円を支払ったそうです。
それとあわせ非喫煙の社員にも協力金として同じく10万円を支給しました
お客様に社員のたばこ臭さで不快な印象を与えないためだそうですが、
しかしこのキャンペーン、社員が本当に禁煙しているかどうかのチェックは
しないとのこと・・・。 

さて、はたしてこの禁煙宣言は一体何のためにされるのか・・・
そして10万円の行き先は・・・ とても気になります

禁煙できるといいね !
たばこ革命

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 ブログトップページに戻ります