健康★どっとCome ! !

健康★どっとCome ! !
健康こそがすべて。健康に関するあらゆる事柄をチョイスいたします。まさに「健康どっとカム!」
健康食品・サプリメント

七草粥は美味しいですか・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

今年も早いもので、もう一週間過ぎてしまいました。気をつけていてもやはり、
正月というのは食べ過ぎてしまいます。
ふたつもベルトの穴をずらしてはめているお腹を見て子供たちが
メタボリックシンドロームだぁ」と騒いでいるのを、
「そもそも、メタボリックシンドロームというのはだな、ウエストだけでは決まらないのだぞ・・・」なんてついつい言い訳をしておりました。


今日は「七草粥」です。
そもそも七草粥とは、正月七日に無病息災を祈って、春の七草である
「せり」「なずな」「ごぎょう」はこべら」「ほとけのざ」「すずな」「すずしろ」を入れて作った粥のことで、正月の飲食に疲れた胃袋を休めるために食べるといわれています。

日本で粥が食べられ出したのは、弥生時代にさかのぼります。
その時代、新米が取れると、最初に神前にお供えをし、
五穀豊穣のお祈りの後お下がりを頂いていました。それが平安時代に中国から七草粥の風習が伝わって今の七草粥になったと言われています。

ですが、最初の頃の七草粥は今のような草ではなく、
「米」「あわ」「きび」「ひえ」「ごま」「小豆」「かずのこぐさ」という草ではなく穀物をいれていました。
これは我が家でも食べていますが、今流行の五穀米や雑穀米に入っている穀物ですね。それで現在の七草のスタイルになったのはというと、どうも戦国時代ぐらいからではないかといわれています。
でもどうして穀物なのに「七草」と言うかというと、お正月に関するものについては「七種」と書いて「ななくさ」と言っていたものが、七種類の草を入れて食べるので、いつしか「七草」になったのではないかということです。

私も「七草粥」を食べました。いかにも健康に良い・・・
という感じではありましたが、ついつい何杯もおかわりをした為に、
やっぱりベルトの穴はふたつずらしておりました。

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」  

  ブログトップページに戻ります 


お茶、お茶、お茶、お茶〜!!5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

最近は「お茶」といえば自販機やコンビニで売っているペットボトルが主流に
なり、自分でお茶を入れる・・・ なんてことは、まず無くなってしまいました。

そのお茶にしても、一昔前の単に喉を潤す飲み物としてのお茶・・・
という趣きから、世の健康志向ブームにのって各メーカーさんは健康志向の
お茶をぞくぞく開発してきており、「特定保健用食品」として認められたお茶
増えています。

そもそも「特定保健用食品」とは健康に役立つことが科学的に証明され、その効果を具体的に表示することを厚生労働省が許可した食品を言いますが、
その主なものをご紹介いたしますと・・・

 『ヘルシア緑茶』・・・ポリフェノールの一種で、主に緑茶に含まれるカテキンを豊富に含むんでいるお茶です。体脂肪に効果があり、継続的に摂取すれば、体脂肪が減ることが証明されているそうです。
『緑茶習慣』・・・
とうもろこしのデンプンから作られた食物繊維が糖の吸収をゆるやかにし血糖値の上昇をおだやかにするそうです。
『蕃爽麗茶』・・・グァバ葉を原料とした健康茶で、グァバ葉ポリフェノールは、糖質が消化管から吸収されるのをおだやかにする働きがあるので、食事と一緒に飲むと良いそうです。

それ以外にも、成分的には「健康茶」であっても特定保健用食品として
認可されていないものや、「清涼飲料水」として販売されているもの、
などなど、実にいろいろな種類があります。
是非 自分のTPOや目的に合わせた飲み方をしたいものです。

 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります 






 


牛乳は正義の味方か・・・?5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

牛乳の効用については昔から言われております。
うちの息子は小さい時から牛乳が大好きで、
喉が渇くと「牛乳」食事の時も「牛乳」・・・と、
「牛乳中毒になったか?」と心配するくらいよく飲みました。
そのお陰か、骨密度はお医者様が感心するくらい高く、
骨太の
骨丈夫に成長いたしました

 ところが、べストセラーになった「病気にならない生き方」には
有害説も登場していて
実際のところが少し気になります。
それによると、
牛乳には硫酸エストロンなどの女性ホルモンが
含まれていて、
この硫酸エストロン環境ホルモンよりも強く、
がんになりやすいとのことです 

別に牛乳に限ったことではありませんが、今の世の中、
安心して口に入れることが出来るものがはたしてあるのかどうか・・・?

 「この記事へのコメントをお待ちしております」 

 ブログトップページに戻ります