健康★どっとCome ! !

健康★どっとCome ! !
健康こそがすべて。健康に関するあらゆる事柄をチョイスいたします。まさに「健康どっとカム!」

花粉症の治療と注射・・・! 5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

今年も花粉症に悩まされる季節になりました。
例年より花粉量は少なめらしいのですが・・・。
そんな中、私より酷く花粉症に悩まされている友人から電話がありました。
「注射をするとピタリと直るらしい。実際に注射をした人から病院のことを聞いておいたので、今度連れて行って欲しい・・・」と。
それでその病院の詳細を聞くと、名前が『○○整形外科』。・・・ん?
どうして耳鼻科でなくて整形外科なの・・・

 実はこれには深いわけがありました。
ほとんどの耳鼻科の先生は、この注射をしないそうです。
では何故そんな話しが出てきたかというと・・・。
その注射の正体は「持続型ステロイドの筋肉注射」だったのです。
私もじんましんの治療用にステロイド軟膏を使用していますが、
副作用を危惧してよっぽど痒くて我慢できないとき以外は、
じっと辛抱しています。
それを体に注射したらどうなるのでしょうか?

 通常健常者の副腎からはステロイドが分泌されています。
それが体内の血糖・脂肪・電解質・骨・筋肉の代謝に働きかけていますが、
ステロイド注射をすると、そのバランスを崩します。
そしてその結果ステロイドの副作用として現れるのが
「糖尿病」「感染抵抗力の低下」「中枢神経障害」「骨そしょう症」
「高血圧」「肥満」
などなど・・・。

ただこのステロイド注射(特にケナコルトA・デポメドロール)は、
非常に強いために一発注射をするとシーズンを通して効果が続き、
またそれも非常によく効くらしいのです。
でもそれは体内からステロイドが排泄されていないということでもあります。
そしてステロイド自体には、花粉症そのものを治癒させる作用がないので、
また次の年も、またその翌年も同じ注射をしなければなりません。

一番怖いのはステロイド過剰にならないために、
副腎からのステロイド分泌が止まってしまうために
急には止められなくなり、ステロイド依存症になってしまうことです。
そして飲み薬や塗り薬と違い、注射したら途中で副作用が出ても
急には止められないため、一度摂取してからでは遅いということです。
そういう意味でステロイド注射は、飲み薬や塗り薬と違い、
その効果も副作用もコントロールは出来ません。

そういう理由で常識のある医者では、この注射をしないそうです。
ですが聞くところによると、保険適用で数千円で済むところを
1万円以上の自費で注射するところがあることも事実だそうです

それを聞いてすぐに、私は友人に連絡をして
副作用があるから止めるように説得をしたのは言うまでもありません。

  「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

  
ブログトップページに戻ります 


トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔