健康★どっとCome ! !

健康★どっとCome ! !
健康こそがすべて。健康に関するあらゆる事柄をチョイスいたします。まさに「健康どっとカム!」

マイコプラズマは規則正しく・・・? 5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

私は決まった時期に風邪をひきます。たいてい毎年11月の下旬からひくのですが、大抵医者の薬が無くなる頃にはすっかり治っています。
しかし、今年は違う、何かが違う。それは咳がいつまでたっても治まらないことです。前回風邪の話をしましたが、相変わらず「コンコン、コンコン」と咳をしています。
その中で、もしかしたら「マイコプラズマ」では・・・と言っていましたが、
「マイコプラズマ」って何者・・・?

「マイコプラズマ」は、正式には「マイコプラズマ肺炎」というれっきとした細菌性肺炎なのです。
細菌といっても実際には細菌とウイルスの中間のような微生物が
呼吸器に感染して発病します。その主な特徴は、

 とにかく頑固な咳がいつまでも続きます。
 発症は学童期や若年の成人に多く、乳幼児やお年寄りは少ないです。
 以前は4年に一度、オリンピックの年に流行いたしました。
  私がかかった時も丁度オリンピック開催年で、私が25、6の時でした。
  あまりに咳が止まらないため医者に相談したら、
  「今年はオリンピックがあったから、マイコプラズマかもしれんなぁ」と
  医者が言った一言が今でも忘れられません。

この「マイコプラズマ肺炎」は通常の呼吸器感染症で頻繁に使われる
ペニシリン系、セフェム系の抗生物質が効きません。
治療薬としては、テトラサイクリンとかマクロライドが良く効くと
いわれています。私がかかったときは水薬にして、咳が出るたびに
一口、二口と飲んべぇみたいに飲んでいました。
その結果しばらくしたら面白いほど「ピタッ」と咳が止まりました。


肺炎にはこの他にも、インフルエンザウイルス等による「ウイルス性肺炎」、
特にこのインフルエンザウイルスと麻疹ウイルスによる肺炎は、
直接効く抗ウイルス薬が無いので要注意だそうです。
その他にも感染・発病した鳥の排泄物から空気感染する「オウム病」とも
呼ばれる肺炎があります。

いずれも症状が風邪に似ているので、「あぁ、風邪ひいた」ではなく、
あまりにしつこい咳が続くようなら医者で検査をしてもらったほうが
いいかもしれません。
ちなみに「マイコプラズマ肺炎」は4年に1回大流行・・・、という周期が
今は幾分ずれてきているそうですので、今年の咳がもしかして・・・、 です。



 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」  

 
ブログトップページに戻ります 


トラックバックURL

この記事へのトラックバック
1. マイコプラズマ肺炎  [ 赤ちゃんと子供の病気 ]   2007年01月11日 05:52
マイコプラズマ肺炎とは、細菌でもウイルスでもない マイコプラズマという病原体に感...
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔