健康★どっとCome ! !

健康★どっとCome ! !
健康こそがすべて。健康に関するあらゆる事柄をチョイスいたします。まさに「健康どっとカム!」

ノロウイルスでのろのろ歩き・・・ 5

いつもありがとうございます。 健康★どっとCome です。

私は毎年11月の下旬から必ずと言っていいほど風邪をひきます。
今年もひいてしまいました。ところがどうも今年の風邪はなんだかいつもと違っておかしい。私はいつもみたいに「熱」「鼻水」「咳」という順番で、その過程で多少の下痢もありました。
しかし、まわりの状況がやっぱりおかしい。
「今年の風邪は胃腸風邪なんだって」という会話が
四六時中聞こえるくらいにはやっている様子。
どんなことがあっても休まないと言われた上司までがダウン・・・。
どうも正体は風邪ではなく「ノロウイルス」による胃腸炎らしい。

 もともと「ノロウイルス」自体はありふれたウイルスで、最初の発見は1968年アメリカの小学校でした。ここの地名が「ノーウォーク」というので当初は「ノーウォークウイルス」と名づけられていましたが、2002年の国際ウイルス学会において「ノロウイルス(属)」という名称で呼ばれることとなりました。

「ノロウイルス」を含む食品などを摂取して1〜2日の潜伏期間を経て、急性胃腸炎の症状が現れます。その症状は多くの場合、「嘔吐」「下痢」「腹痛」で、特に吐き気は便器のそばから離れられないくらい激しいこともあります。また発熱を伴ない、風邪様の症状が出ることもあるため、風邪と間違えられやすいそうですが、発症後は1〜2日で回復し、後遺症もないということです。

問題なのはこの「ノロウイルス」が伝染性胃腸炎であることです。
ほんのわずかな便や嘔吐物の乾燥した中に含まれるノロウイルスが、
空気感染でうつこともあるそうです。そして発病しなくてもキャリアとして
感染源になる場合があるので、十分なうがいと手洗いはもちろん、
食品を扱う時にはよりいっそうの注意が必要になりそうです。

お陰様で私の風邪で「ノロウィルス」とは関係なかったみたいですが、
咳が全然止まりません。もう半月近く「コンコン、コンコン」と咳をしています。
最近は「もしかして、以前かかった『マイコプラズマ肺炎』ではないか?」と、
少々疑っております。


 「この記事へのコメントなどをお待ちしております」 

 
ブログトップページに戻ります  


トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔